建築士

「改正建築物省エネ法」講習会

改正建築物省エネ法説明会及び住宅省エネ技術講習会に横浜の開港記念会館に行ってきました。2019年5月に公布された「改正建築物省エネ法」によって、2021年から小規模住宅等の設計の際、建築士には建築主へ省エネ性能に関する説明を行うことが義務づけられます。

現在すすめている「山崎の家」は、この平成28年省エネ基準と省令準耐火を併用しているため、かなりの量の断熱材を使用しました。建築主へ省エネ基準と省令準耐火と予算の説明もした上で、この断熱材を施しているのだが、もう少し費用対効果を検討しなければならないと感じています。

 

 

世界の年平均気温は100年あたり0.68℃の割合で上昇。日本は1.15℃の割合で上昇し、特に異常高温日が増え、熱帯夜や猛暑日が増加。その分冷房使用が増し、温暖化をさらに進めています。そのため、住宅での低炭素化、つまり省エネルギー化が課題となっています。また近年増加している室内での熱中症を防ぐためにも、建物の断熱化と適切な通風、庇や軒の出などの日射遮蔽は室温を低下させるのでサッシも木製と樹脂をうまく使いこなしてバランスのとれた家づくりを心がけていきます。

 

 

 

ピックアップ記事

  1. ヤング係数110のヒノキ
  2. 薪ストーブキャンプ
  3. 子育て地蔵尊 着手のご挨拶
  4. 立上り一体打ちベタ基礎

関連記事

  1. 建築士

    地道に物をつくる

    本日は、鎌倉材木座のアマンダンブルーでの建築士事務所協会鎌倉支…

  2. 落ち着いた雰囲気のバー

    建築士

    通常総会

    神奈川県建築士事務所協会鎌倉支部の第20回通常総会が材木座のア…

  3. 法令集を見る子ども

    建築士

    構造の勉強

    木造の住宅を設計する者として構造を理解しているつもりではいるが…

自然素材モデルハウス

「鎌倉の家」

TEL 0467-81-4226

FAX 0467-81-4951

 

お客様ブログ

鎌倉手広 自然素材長期優良住宅「風通しの良い家」

 

相続税についてのご相談

税理士法人はてなコンサルティング

 

お気軽にお問い合わせください

最近の記事

PAGE TOP