HEAT20 

断熱性能について

高気密・高断熱の家は「夏涼しく、冬は暖かい」

省エネ効果により冷暖房費の削減、結露を防ぎカビなどを抑制し健康的であり居住性に優れた家となります。

断熱性能を表す基準として国の定める省エネ基準やZEHがあります。

OKUZAWAでは数ある基準の中で現時点の最高クラスのHEAT20 G2を目標に家づくりを行っています。

蓄熱効果のある無垢材

無垢フローリングは蓄熱効果により冬の冷え込みを軽減してくれます。夏も無垢材ならではのサラサラとした肌触りで気持ちのいい空間を作り上げます。

OKUZAWAでは厳選された無垢材を使用し、 心地の良い家づくりを行っています。

セルロースファイバー

セルロースファイバーとは新聞紙・段ボール・木製チップなどの原料にホウ酸を加えた木質系断熱材と言われる自然素材の断熱材です。

充填していく施工ため、経年劣化で隙間ができるなどの断熱性能が低下する要因が少ない断熱材になります。

樹脂サッシ+複層Low-Eガラス

住宅で一番熱損失が大きいのは窓などの開口部分になります。

しっかりとした対策をしなければ屋内の温熱環境が屋外の温熱環境に大きく影響されてしまうことになります。

樹脂サッシは塩化ビニール樹脂で出来たサッシで、従来のアルミサッシの1/1000の熱伝導率を誇ります。

複層Low-Eガラスは二枚のガラスの間に中空層が入っており、中空層に面するガラス面にLow-E膜という特殊な金属膜がコーティングされているガラスのことを言います。


蓄熱効果のある無垢材、高い断熱性能を誇るセルロースファイバーと樹脂サッシ+複層Low-Eガラス。

さらにOKUZAWAでは太陽高度も考慮し、軒を深くし夏の暑い陽ざしを取り入れず、逆に冬は陽ざしを取り入れていくことで同じUA値の住宅よりも「夏涼しく、冬は暖かい」を実感できます。

Copyright© 一級建築士事務所OKUZAWA , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.