断熱性能

セルローズファイバー

セルロースファイバーは新聞古紙を再利用してできた、調湿効果のある自然素材の断熱材です。
壁の中に密度高く、隙間なく施工することで、断熱効果はほぼ100パーセントの力を発揮します。
調湿効果により壁の中の結露を防止し、躯体の負荷を軽減し、腐朽を抑制します。

樹脂サッシ

樹脂サッシは窓のフレームが腐食しにくく、加工しやすい特徴をもつ樹脂でできているサッシのことです。
熱を伝えにくく、断熱性のも高いため室内外の温度差で生じる結露を大幅に軽減します。
断熱性能の高いガラスと組み合わせることで、冷暖房効率を高め、光熱費を抑えることができます。

循環システム

薪ストーブのある家ではオリジナルの室内空調循環装置を設置し、冬は上に向かう暖気を1階に送り、夏は下に降りてくる冷気を上へ送ることができるようにしました。
床下に送った空気を吹き出させるため、1階の床には木製吹き出し口を設けています。

2020年8月5日

Copyright© 一級建築士事務所OKUZAWA , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.