未分類

住宅取得等資金贈与の非課税の拡充・延長。

直系尊属(父母・祖父母)から住宅取得資金の贈与を受けた場合、一定の範囲内で贈与税が非課税になる制度があります。この制度が、平成24年度税制改正で次のとおり拡充され、適用期限が平成26年12月31日まで延長されます。
平成24年については、一般住宅は1,000万円までの贈与が非課税となり、省エネルギー性・耐震性を備えた住宅の場合は非課税枠がさらに大きくなり、1,500万円までの贈与が非課税となります。

 住宅取得資金の贈与税の非課税枠

 贈与を受けた年   省エネルギー性・耐震性を備えた住宅    その他の住宅
   平成24年   1,500万円     1,000万円
   平成25年   1,200万円 700万円
   平成26年   1,000万円 500万円

贈与税は税率が高いので、通常は税額が大きくなりますが、住宅取得資金の贈与については、この非課税枠があるので、通常の贈与と比べた場合と税額がまったく異なります。

 通常の贈与 
父母や祖父母から1,000万円の贈与を受ける→ 贈与税は 231万円

 住宅取得資金の贈与 
平成24年に父母や祖父母から住宅取得資金として1,000万円の贈与を受ける→ 贈与税は 0円

この拡充・延長やその他の税制優遇などを賢く使いマイホームの建築をしやすくし、ゆとりある生活を送れるようにしましょう。





設計事務所 & 工務店   

Copyright© 一級建築士事務所OKUZAWA , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.