逗子の家

桜の樹のお手入れ

2016年11月21日

週末は、

逗子の家の樹木の伐採と

地縄はりに伺いました。

着手前にお施主様とお清め!

お施主様はご実家が製材所で、

現在も木に携わる仕事をされているので

もともと植わっていた桜の樹を自ら伐採。

桜の樹は見た目は元気で

私たちには分からなかったのですが、

幹の中身が一部傷んでいて

このままだと倒れてしまう危険があるので

伐採することになりました。

リビングから眺めることを計画してましたが、

倒れてしまうと、周辺にもご迷惑がかかるので

このような決断となりました。

木の事は、何でもわかるお施主様。

チェーンソーの扱いにも慣れているので

大きな幹もスイスイと伐採してしまいました。

伐採後は桜の樹の輪切りを何枚か造っていただき

乾燥後にテーブルにしたいと思います。

リビングからの眺めや

玄関へのアプローチなどを

確認していただきました。

来週は、井戸の調査などを行います。

着々と進んでおります。

風通しのいい家のオーナー様に頂いた寿りんご

Copyright© 一級建築士事務所OKUZAWA , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.