建築士

CPD

「CPD」(Continuing Professional Development)とは、「継続的能力・職能開発」、「継続職能研修」。技術者や専門家の能力、資質が問われている昨今、自己研鑽等の実績を支援・促進する制度として世界的にも取組みが広がってきております。わが国においても、従来より、建築関係の各団体等が独自のCPD制度を立ち上げ、運用してきており、今後は技術者自身の自己研鑽のみならず、国際的な能力証明や、消費者、設計・工事などの業務発注者側が優良で秀でた技術者、専門家を選択する際の判断指標として使用するなど、その活用が拡大していくものと考えられます。
 日々、新しい情報を取入れ研究や開発などの勉強ををしている建築士の点数みたいなもので、講習や研修会などに出席すると、その点数が加算されていく制度です。私も年に数回の講習や勉強会を受講するので、その実績を記録してもらうために先日このCPD制度に登録しました。このような制度を一般ユーザーにも理解してもらい普及していくことを願う。そうすれば偽装問題や手抜き工事なども未然に防げるようになるのではないか。

NEC_2245.jpg



 

  設計事務所&工務店 

Copyright© 一級建築士事務所OKUZAWA , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.