建築士

木造伝統構法の大切さ

横浜の開港記念会館で開催された

木造伝統構法の講習会に参加しました。

DCF00410.jpg

伝統的な木造の建物は、鉄筋コンクリート造や

鉄骨造などの他の構造の建物と違い

木、本来の特性を活かし

100年、200年と建ち続けている。

長期間、倒壊せずに残っている木造建築物の

ほとんどが、伝統構法による築造です。

伝統構法は、無垢の木を使い金物や釘を

ほとんど使わずに組み上げる工法で

四季のある日本の風土に最も適している

素晴らしい工法だと思います。

伝統構法は、現行の建築基準法のなかでも

やれば出来るし、やって残していかなければ

ならないものだと感じました。



 

Copyright© 一級建築士事務所OKUZAWA , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.