鎌倉の家

図面が形になっていく喜び

2018年12月30日

私たちがデザインしたものを納まりを考えて図面化し、現場に伝えて形になっていく。この形になっていくまでには図面では納まっているものでも実際には納まらないものもある。

鎌倉の家の玄関庇は全体のバランスとキッチンからの眺めを考慮しスマートな納まりにしました。原寸図を床に書き細部のチェックをし、材料の形状を決め刻みをし、室内で仮組みをし、またバラして、やっと玄関に取付る。このように形になっていくのが嬉しくて、また建築が好きになっていく。この楽しさは一人ではできない、この玄関庇だけでも大工さん、板金屋さん、鉄骨屋さん、基礎屋さん、ペンキ屋さん、電気屋さん、左官屋さん、弊社スタッフなど携わるみんなと検討を重ねた結果だ。携わるまわりの方々に感謝しなければと改めて思う一年でした。

2019年は1月4日・5日に構造見学会からスタートします。みなさま来年もよろしくお願いいたします。

 

 

Copyright© 一級建築士事務所OKUZAWA , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.